症状として現れることがない高脂血症にならないために

併発のおそれ

高脂血症は、動脈硬化を招く危険性があります。でも症状が出ないため進行していく可能性もあります。進行していくと、他の病気を併発する可能性もありますので、日頃の食生活などから見直しましょう。

Read More →

治療方法

自覚症状のない高脂血症になってしまった時に、途方に暮れていてはいけません。しっかりと治療することが大切です。そこでいくつかある高脂血症の治療方法について紹介していきます。

Read More →

気づかないうちに

現在、世の中には様々な病気が存在します。
医学の発達で病気の種類や症状が発覚し、病名がつけられていっています。
病気の中でも、重さが異なってきます。
難病のような治療法が見つかっていないもの、ガンの末期のもの、軽度のもの、インフルエンザのような伝染型のものと、病気には多くの種類や症状があります。
今は食べ物も不自由なく日本では食べることが出来て、現代病と呼ばれるものがあります。
その中でも、脂っこいものを食べる機会が多い人がなりやすいものがあります。
それが高脂血症、脂質異常症と言われるものです。
これは放っておくと、血管の動脈硬化が進み、最悪の場合心筋梗塞や脳卒中などで死に至る危険性もあります。
日頃から食生活などに気をつけておかないと、深刻な高脂血症などの病気になりかねません。
症状が出ないからといって安心してはいけないのです。

高脂血症の症状は、ほとんどありません。
高脂血症の患者が症状を感じることがほとんど無いため、病気が進行していく場合があります。
家族性高コレステロール血症の人は、肘や膝の中にコレステロールの塊、黄色腫というものがみられます。
高脂血症になっても、症状として自分で自覚することが出来ないので、他の病気よりも危険です。
忙しくても定期的に健康診断や定期健診で受診や検査をして、コレステロールの値を把握する必要があります。

高脂血症は、体の中できちんと脂質が流れなかったり調整できなかったり、また食事の中から入ってくる脂質の量が多かったりして、悪玉コレステロールや中性脂肪が増えすぎている状態のことをいいます。
症状として現れないため、日頃の検診で、今の悪玉コレステロール、中性脂肪の値、善玉コレステロールの状態をチェックしましょう。
高脂血症は、基本的には遺伝性ではありません。
食べ過ぎ、飲み過ぎ、肥満などの日常生活の不摂生が原因です。
そういった人ほど、症状が出やすい病気であっても放っておく場合があるので危機感を持ちましょう。
生活習慣病の予備軍と言われる人が増加傾向にある中、症状が出ない高脂血症は特に注意が必要です。

解決策

高脂血症は、ほとんど自分では自覚症状がありません。そのため定期健診などで今のコレステロールの値を確認する必要があります。仮に高脂血症になっていた時に、どうしたらいいのかを紹介していきます。

Read More →

原因を知る

特徴的な症状のない高脂血症は、様々な原因によって引き起こされます。特に肥満なのに運動不足、食べ過ぎたり飲み過ぎたりを繰り返していると、病気になってしまいます。どういったことでなってしまうのかを知ることが大切です。

Read More →